育乳ブラの効果的対策からサイズ選びの方法までご紹介!

育乳ブラには効果があるのか、サイズ選びを間違えると胸に影響が出るのではないかと思う方も多いでしょう。

ここでは、育乳ブラの必要性と、サイズ選びまで全てご紹介致しますのご覧下さいませ。

普段ブラジャーをしていても胸が垂れて着たりボリュームがなくなったり感じたことはないでしょうか。

各年齢それぞれに胸のトラブルおは存在していて、

 

20代

  • みんなと胸の発達スピードが違う
  • 違うブラをしていると恥ずかしい

 

30代

  • 胸の成長はもう終わったのか
  • 胸に自信が持てるようになりたい

 

40代

  • 産後で胸の形が変化した
  • 胸のボリュームが小さくなった

 

50代

  • 胸が垂れて着た
  • 胸にハリがなくなった

 

どの何代にも問題は抱えているようですが、これらの問題には共通している部分があり、それらを改善することで美しい胸をとりもせることが期待できるとされているのです。

その共通している部分というのが「クーパー靭帯」です。


クーパー靭帯とは?

胸の中にコラーゲン物質が繊維状に大胸筋や乳腺や胸の皮膚と繋がっているもので、この靭帯が伸びてしまうと元に戻ることはないので、日頃から伸ばさないように注意する必要があります。


クーパー靭帯が伸びてしまうと?

  • 胸が垂れる
  • 胸のボリュームがなくなる
  • 胸のハリがなくなる

といった状態になってしまい、1度伸びたクーパー靭帯をケアすることはできても元に戻すことはできないので、何かしらの対策をする必要があります。

 

クーパー靭帯を伸ばす原因になるのが?

  • 運動
  • 重力

この2つが主な原因になり、運動なとは胸が激しく揺れるのでクーパー靭帯の伸びに関わって着ます。

重力というのは就寝時にノーブラでいると、横になった時に下に胸が重力で落ちるので、ずっと伸ばされている状態が続きます。

これらを知らず知らずに繰り返すことによって、各年齢の悩みでご紹介した内容に近づいてきます。

そして、胸のトラブルを引き起こすのはクーパー靭帯だけではありません。

 

1_睡眠不足

睡眠中は胸の発達に必要な女性ホルモンが分泌されますが、睡眠不足だと女性ホルモンの量が少なくなるので、胸にとっては大変不利な状態になってしまいます。

 

2_体の姿勢

体の姿勢は血液の循環にとても深く関わっています。

猫背など体の姿勢が悪いと、胸に栄養や女性ホルモンだどが運ばれにくくなるので、正しい姿勢でいることが大切です。

 

3_胸に合っていないブラジャー

自分の胸のカップに合っていないブラジャーを着用すると、胸の周りが圧迫され血液の循環が悪くなります、こちらも先ほどと同様で、胸に必要な栄養や女性ホルモンが運ばれにくくなるので、せめて余裕のあるブラジャーを着用することが望ましいと言えます。

 

4_長時間のノーブラ

就寝中のノーブラは胸のクーパー靭帯を伸ばす話は、先ほど申し上げましたが、それ以外に24時間ノーブラでいるとクーパー靭帯に拍車をかけるので要注意です。

アフリカ原住民などの裸族の映像を見るとわかりやすいですが、皆さん下に垂れている方が多いですよね。

 

これらの生活習慣の中でも、胸に影響を与えている場面は多いので改めて注意が必要です。

そして1度伸びてしまったクーパー靭帯を元に戻すことはできないですが、手術だと戻せるようです。

その費用が100万円程度だそうなので、それを考えると育乳ブラで対策する方がよっぽど安いですよね。


 

 

それでは育入ブラをどうやって選ぶかですが、選ぶに当たってまずは自分のサイズを知る必要があります。

自分の胸のサイズを測る手順をご説明いたしますのでごらんください。

 

1_自分のトップサイズを測る

ブラジャーを着用して胸が一番高い位置にくるものを選んで、着用した状態で胸の1番高いところを測ってください。

 

2_自分のアンダーサイズを測る

胸のすぐ下のところを測ってください。

この時にメジャーが水平になっているか鏡を見て確認してください。

 

3_カップ数を確かめる

ご自身で測ったトップとアンダーの差を出して、自分のカップ数が何カップなのか調べてください。

 


 

ここまで準備ができたらあとば育乳ブラを探して見ましょう。

そして育乳ブラを選ぶ時にもポイントがあるのでご紹介いたします。

 

1_自分のサイズがあるか調べること。

サイズ展開はメーカーによって様々です。

サイズを見ないで購入したり、サイズ確認ミスで着用できなかったりすることが多いようなので注意してください。

 

2_悩みの原因に効果的に対策されているか。

クーパー靭帯の伸びや、就寝中の胸の横流れなどを防止したいのであれば、それらの機能があるか確認してください。

 

3_生地はどんなものが使われているか確認

生地が悪いと洗濯してすぐにボロボロになるものがあるので安易に安いものを買わない方がいいです。

そして生地の種類によっては肌が荒れたりするので、肌に優しい生地が使われているか確認するのも大切なポイントです。

 

4_価格と品質が釣り合っているか

注意して欲しいのは、安いものだけど品質がいいものなのか確認してください。

育乳というのは数週間で結果が出るようなものではありませんので、長期的に使えるかどうか、長期的に使って努力がきちんと報われるかどうかがポイントです。

安いものを使って、結果的に胸が小さいままだったりしたら、使った時間と努力がもったいないですよね。

そんなことにならないように、品質と機能性は重視してください。

 


 

育乳ブラが決まったら着用する際前に知っておいて欲しいポイントがありますのでご紹介致します。

 

1_着用してすぐに大きくなることはない

着用して数時間後に胸が大きくなることはありません。

むしろそれは体が変化するにしては早すぎるスピードなので逆に危ないです。

体というのは時間をかけてゆっくり変化していくものです。

もし仮に育乳ブラを着用してすぐに大きくなったという人がいれば、それは中に入っているパッドの効果で自分の胸が大きくなったと認識している人だと思います。

どちらにせよ、バストアップの効果を感じるのは少なくとも半年以上だと思っておくのが普通かもしれません。

 

2_育乳ブラを着用するだけではダメ

バストアップさせたいのであれば、育乳ブラはオプションでしかすぎません。

そのほかにもバストアップマッサージであったり、バストアップ食事に変えて見たり、自分の胸がどうしてバストアップしないのか原因をプロに調べてもらう必要があります。

そして、バストアップクリームなどを使って毎日毎日自分の胸をマッサージすることで胸が成長し、育乳ブラはそれらの努力をサポートするものでしかありません。

言ってしまえば、胸に良い環境は整えるのが育乳ブラで、その環境下で努力するからこそバストアップの効果を感じられるということです。

 

3_実際に胸が大きくなったことを想定しておく

バストアップについて長期にわたって努力でき、バストも順調にアップしてくるとすると、ブラジャーが合わなくなってくるのは当然考えられます。

そうなった時に1カップ変わるごとに買い替えていたのでは、出費が大変なことになります。

なので、極力フリーサイズのものか、同じブラジャーでもサイズ調整ができるものを選ぶといいでしょう。